2014年11月3日月曜日

書くこと

小学校低学年時代からずっと日記をつけていて、八年前からはmixiやブログ、そしてフェイスブックなどのサービスで、日記めいたものを書き続けている。

しかし、サービスをやめると同時にテキストも消してしまい、バックアップもとっていない。
小説やシナリオもそうだが、一度書いてしまったものは殆ど読み返さないし、特に日記は独り言に近いので、残す必要性を感じなかった。

でも、このブログは、初めて残そうかなと思って書いてます。

今は、興味がなくとも、もっともっと時がたてば、過去の自分の思考を懐かしく感じるかもしれないので。